スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.29

街にはクリスマスソングが流れ、年賀状の販売も始まりました。今年も残すところあとわずかとなり、あっという間に1年を振り返る時期がやってきました。
みなさんにとって”2012年”はどんな年でしたか?
目標が達成できた人も、志半ばの人も、涙が多かった人も、笑顔がいっぱいだった人も、平等に”時”は流れて行きます。セラピー犬たちにとっての1年はどうだったのでしょうか?きっとみなさんと共有できた”時”はかけがえのない日々だったことと思います。
ある日、ある先生から、しあわせの方程式を教えて頂きました。

(*^o^*)(うれしい、面白いと感じる心)-(つまらない、辛いと感じる心)=幸せ

つまり、うれしい、面白いと感じる楽しい気持ちから、つまらない、あるいは辛い気持ちをさし引いた残りがしあわせの「度合い」、というわけです。大切なのは世間のものさしではなくて、自分のものさしであることです。なるほどなぁと納得してしまいました。そしてしあわせの方程式はこんな具合にも置き換えることができるそうです。

(*^o^*)(充)足  分母が大きく感じられるほど幸せ度がアップします。
     (欲)求  来年もセラピー犬と共に楽しい時間を積み上げて、より幸せ度をアップしてゆけたらよいですね。

さて今年のセラピーは、利用者さんとの別離も経験しました。活動スタート以来、カノンやパールにとっても初めての寂しい別れでした。セラピー活動立ち上げ当初から個別セラピーで関わらせて頂き、思い出もいっぱいです。大正生まれの寡黙なOさんでしたが、セラピー犬とは手足を使ってふれあい、言葉と言うより手足の感触を通して会話を楽しんでいらしたようにも思えます。
春を見つけに公園へ出かけたり、初夏にはウナギのにおいに誘われて「今度のお散歩は昼食付きにしましょうか」とお話ししたり。歴史博物館では書展も一緒に見ました。弘法様にお参りしたり、コーヒーを一緒に飲んだり…。年始めには「大きいな-」といいながら苺大福を一緒にほおばりました。雨の日や寒い日にはお部屋でアルバムを一緒に見ながら思い出話もぽつりぽつり…とこぼれて。もちろん傍らにはいつもセラピー犬が一緒にいました。私にはあまり感情を出される方ではありませんでしたが、今年の桜はかみしめるように「桜が咲いたなぁ」としみじみ呟かれた声が、今も耳元で聞こえるようです。カノン達と過ごした時間はいかがでしたか?ご冥福をお祈りしております。
(アニマルセラピスト 石 川  薫)
スポンサーサイト

No.24

夕空があかね色に染まる時間帯も早まり、秋の気配が夏の疲れを癒してくれます。夕焼けは故郷の家路を思い出させてくれる光景、いつも感慨深く思います。
この夏には、2つの悲報が飛び込み、とても驚きました。
お一人目は、アニマルセラピーの世界への扉を開けて下さった協会理事長の奥様です。協会在籍中に研修でお会いしたのが最期となってしまいました。病身にも関わらず、とても快活でいつも周りの人に心配りを忘れない優しい方です。そして、セラピー犬”りぼん”のもうひとりのお母さんでもあります。生後4ヶ月まで育てていただき、セラピー犬としての性格の基礎を作って下さいました。このお母さんから巣立ったセラピー犬たちは数知れません。ちっちゃい子や弱虫の子、みんなミルクや離乳食をお世話いただき、排泄物の始末をしてもらい、寝床を掃除してもらい、遊んでもいただき…夜昼なくセラピー犬候補生のお世話をして下さっていると常々聞いていました。手塩にかけた子どもたちを巣立たせるときには我が子にご自分の香水をひとふり、そして自分の身につけていたお品を持たせて送り出します。子どもたちが寂しくて夜泣きしないように、好きだったおやつや、お気に入りの洋服や、おもちゃや…。手放すときには奥様もよく泣いていらしたとも聞いています。本当によい子たちを育てていただきありがとうございました。心よりご冥福をお祈りしております。
そしてもう一人、私より2週間遅れで生まれた親戚のT君です。子供の頃から優秀で、それでいて欲もなくて、正義感が強くて、いつも一生懸命で面白くて、ひたむきで真摯で。それなのに白血病でした。”どうして彼なのか”突然の発病が信じられませんでしたが、あっという間に旅立ってしまいました。彼は宗教家で自分の信念の下、闘う人でした。教えてほしいこともたくさんあったのに、人の一生のなんてはかないことか。生きたくても生きられない人の分まで今日を大切に生きないとバチがあたりますね。いろいろな事が起こる人生ですが又会える日を楽しみに、私も頑張ります。 (石川 薫)

1_20121004074538.jpg❤セラピー犬紹介❤
名前  トト&はる 
犬種  キャバリア
性別  男の子   
年齢  6歳
★プロフィール★ 僕たちはとっても仲良し、いつも陽気なセラピー犬です。お家は名古屋で少し遠いけど、お母さんと一緒のお出かけは楽しいよ(^_-)-☆

No.23

ロンドンオリンピックに甲子園、感動に日本中が熱く燃えた夏も終わりに近づきました。セラピー犬達も苦手な夏にもめげすよくがんばってくれました。残暑の厳しい毎日ですが、耳を澄ますと蝉の鳴き声にも以前のような勢いはなく、夏の終わりを惜しむ寂寥感を覚えます。なんだか、お祭りの後の寂しさに似ていますね。
セラピー犬達も2週間近くお盆休みをいただき、私たちより待遇の良いクーラー部屋で日夜、体力の回復に努め(?)元気を蓄えつつあります。
この度、仲良くして下さっているセラピストさんが、セラピー犬用のゼッケンを7頭分手作りして下さいました。かわいらしさの中にも、日々癒しを提供するセラピー犬たちの誇りが感じられるすてきなゼッケンです。皆さまの元へおじゃました際には、セラピー犬たちの優しく真っ直ぐな”貴方への思い”を受け取って頂けるとうれしいです。
さて、待合室で皆さまにご協力いただいている「被災地への支援金」を、高浜ケアハウス、丹内施設長さんを通じて現地へ届けさせていただきました。
先方様からも丁寧なお電話をいただき、お話しを伺う中で、依然として変わらぬ問題の奥深さを痛切に感じました。やはり一番の問題は就業問題ではないでしょうか?
仕事がない不安、解決に向けてめども立たない期限のない焦燥、地域で生活、病、老を支える手段を構築できない苦悶…。それでもふるさとで踏ん張って生きている人達のために私たちは何ができるでしょうか。中身の伴わない、かけ声だけの応援では救えない窮地を感じるのは私だけでしょうか。

















ゼッケン大集合
みんな笑顔で集まろう
 セラピー犬紹介
名前 エル
1_20120912094114.jpg
 2_20120912094113.jpg
  犬種 日本スピッツ
年齢 9歳
性別  男の子
★プロフィール★
「つばさセラピー」スタート時からの頼れるセラピードッグです。真っ白に輝く被毛とガラス玉のように澄んだ瞳がチャ ームポイントです。

No.22

暑い暑い毎日が続いています。毎年の事ながら、今年もあちらこちらから熱中症による悲報が聞かれます。エコ推奨ムードのさなかですが、何をおいてもまずは”体調管理”を痛切に感じます。無理をしないで自分のペースで暑い夏を乗り切りましょう。
1_20120801092957.jpg夏はセラピー犬達にとってもつらい季節です。みんな一様に食欲はダウンしていますが、特に大型犬のパールは何をやってもすぐに「はぁはぁ」と息が上がってしまいます。寂しがり屋のパールですが、しばらく夏休みをいただき、涼しいお部屋でお昼寝三昧を決め込んでもらおうと思います。涼しくなったら又仲良くして下さいね(*^_^*)
さて8月はお盆。ご先祖様の精霊を我が家にお迎えし、供養をして家族と亡き人が一緒に過ごす期間を”お盆”というのだそうです。ゆずの「逢いたい」を紹介します。

逢いたい






もしも願いが叶うのなら
どんな願いを叶えますか?
僕は迷わずこたえるだろう
もう一度あなたに逢いたい
外は花びら色付く季節
今年も鮮やかに咲き誇る
あなたが好きだったこの景色を
今は一人歩いてる
解り合えずに傷つけた
幼すぎたあの日々も
確かな愛に包まれていたことを知りました
逢いたい 逢いたい 忘れはしない
あなたは今も心にいるから
ありがとう ありがとう 伝えきれない
想いよどうか届いてほしい
 朝の光に目を細めて
新しい日常が始まるけど
気づけばどこかに探してしまう
もういないあなたの姿を
何も言わずに微笑んだ
優しかったあの笑顔
生きる苦しみ、喜びを何度も教えてくれた
あふれて あふれて 声にならない
あなたを空に想い描いた
泣いたり 笑ったり 共に歩んだ
足跡永遠に消えはしないさ
ああ果てしなくまた巡り会う命

もしも願いが叶うのならもう一度逢いたい
逢いたい 逢いたい 忘れはしない
あなたは今も心にいるから
ありがとう ありがとう 伝えきれない
想いよどうか届いてほしい
声も 温もりも 優しい微笑みも
心にいるから 逢いたい


No.21

1_20120703075238.jpg紫陽花の色鮮やかな季節となりました。
ピンク色や紫色、濃い色から薄い色まで多様な色合いで目を楽しませてくれる紫陽花。憂鬱になりがちな雨の季節ですが、葉っぱとのコントラストもさわやかな紫陽花には、やはり優しい雨が似合う気がします。
さて7月というと”七夕”。
織り姫と彦星のお話しは有名ですね。子どもの頃は短冊に願い事を書いたり、笹舟を流したり、天の川を見上げたり…。みなさんの七夕にまつわる思い出はどんな具合に輝いていますか?
そんな懐かしい行事にあやかって、7月のアニマルセラピーは七夕バージョンで行ってみました。
♪♪ 笹の葉 さらさら のきばに揺れる お星さまきらきら きんぎん砂子 ♪
皆さんの歌声が響く中、手元には金星と銀星をお持ち頂き、男女関係なく金星が当たった人は織り姫に、そして銀星が当たった人は彦星に変装です。
セラピストのかけ声で手を上げたり、足を上げたり、様々な動きをする織り姫様と彦星さんはいつの間にか身体も心もほぐれて、素敵な笑顔の 勢揃いとなりました(笑)
2_20120703075237.jpgご協力頂いたスタッフさんも本当にありがとうございました。何よりスタッフさんの”ノリ”が盛り上がりの秘訣だといつも実感します。関わる人みなが”あそびごころ”満載だと楽しさも倍増です。是非みんなで楽しみましょう!
最後は、皆さんのがんばりを「セラピー犬からたくさんほめてもらおう!」というシチュエーションで、 セラピー犬から皆さんに向けての「大好きオーラ」をたくさん浴びていただきました。
犬の星座は”おおいぬ座 シリウス”と言います。21ある1等星の中で一番明るいとされているシリウス。星座の輝きがみなさんの心も照らしてくれるとすてきですね。   (アニマルセラピスト 石川 薫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。